シャク(ヤマニンジン)

見た目はにんじんの葉っぱ!でも山菜です。

山菜のヤマニンジンです。
実際はシャク(杓)と呼ばれているそうで、2〜5月ぐらいから収穫できるそうです。

山本店長もかかず店員も聞いたことがなく、どんな山菜なのだろうと思っていましたが、いざ目の当たりにすると驚きました。

「にんじんの葉っぱだ!」

生で少し食べてみると、なんだかにんじんのようなセロリのような味がします。
にんじんやセロリの爽やかな香りと春の山菜の味を楽しみたい方におすすめです。日持ちはしないので、朝採れたものはその日に食べたいですね。

食べ方は、天ぷらやサラダがおすすめのようですが、ここはひとつ定番のおひたしで、春の味を楽しんではいかがでしょうか。

昨年、大好評だった落葉キノコの元蕎麦屋店主の奥さんのおひたしです。
晩御飯にこれがあったら、春を感じられて思わず「うんうんこれこれ」と頷きながら食べてしまいますね。

 

お値段は200g(大体TOPの画像くらいの量になります)が100円です。(2018/4/27日現在)
ぜひ、お試しあれ。